2005年01月21日

Triumph Bonneville '59

triumph-bonneville-59.jpg
 こちら日本では貧乏人が麦を喰っていた時に大英帝国で素敵な単車が産まれていたのに気づかなかったことについては悔やんでも悔やみきれない事実でありますが、最近になって知ることができたので良しとすることに致します。
 このようなものに跨がってヴォンネヴォンネとヴァーチカルツインのエギゾーストノートを吐き出しながら深夜の街へとおじゃますることを想像しただけで白蝋病に罹患する思いであります。
 当方、シリンダーヘッドの吹き飛び、ヘッドライトの崩落、タイヤの脱落程度は我慢する所存です。どうぞよろしくお願い致します。
 画像の59年式のファーストボンネビルはナセルヘッド、カラーリング、ツインキャブレター、ヴァーチカルツインなどスタイリング、スペックともに英国車の教科書です。
posted by o-x at 21:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクーイギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。