2005年01月26日

Harley Davidson XLCR '77

h-d-xlcr.jpg
 試食のみかんを全て喰う、他人の鼻毛が出ている事実を本人に指摘するなど、やりたい気持ちはわかるがやってはいけないことの分別を先験的に身につけて産まれてきたことについては、それでよかったのか悪かったのか思い悩むこと早数十年でありますが「NORTON」のデカールを貼付けたSRや「Harley Davidson」のエンブレムの付けられたドラッグスターを見る度にやはりこれでよかったと思い直す次第であります。
 そのような些末なことを考えておりましたところハーレー・ダヴィッドソンにトライアンフの看板を背負わせたような素敵なマシンに闇討ちをくらう結果となりネックホルダーを装着しながらの投稿であることをご容赦ください。         
 CafeRacerの名を丸出しに冠したウイリーGさんの短命マシンはタンギー爺さんの浮世絵よろしくエキゾウチックであります。
posted by o-x at 05:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクーアメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。