2005年01月29日

Ford Mustang 390GT '68

ford-mustang.jpg ford-mustang-bullit.jpg
 公開当時、映画「ブリット」で展開される迫力の走りに思わず「ブリッ」と、漏らしてしまう男性が多発し、失望したワイフに三行半を叩き付けられ、全米で離婚率が沸騰したという現象は社会学においては教科書級の事実です。
 かくいう私も幼年時代、「西部警察」というジャパニーズポリスアクションに痺れに痺れ、我慢の果てに大門なる角刈りのレミントンの発砲に私の「門」もうっかり発砲してしまった経験があります。結果、将来を誓い合った幼女と破談となりその後、陰惨な人生を送ることとなりました。
 今日においても私の生活と関係なく、大門はレミントンをブッ放し、ブリットはハイランドグリーンのマスタングをブッ飛ばしておるとのお便りを某氏より先日いただきましたことを最後にご報告致します。
posted by o-x at 22:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマーアメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。