2005年02月10日

Honda CB750ko '69

honda-cb750.jpg
 なんらかのウィルスに感染して若干の日数が過ぎようとしておりますが、どうやらウィルスは私の咽頭に定住を決め込んだようです。千円学者こと野口英世か北里柴三郎でも連れてきたいところですが、このさい新渡戸稲造の武士道でも構わない心境です。しかしながら、流行りの「切腹!」をするのは個性派を自自共に認める私としてはたえられない屈辱でありますので寿司か芸者、または天婦羅あたりでマウントフジの軟弱日本文化で満足することにします。
 現実的な話で「南天のど飴」や「ヴィックスヴェポラップ」におすがりするのがよろしいかとも考えましたが、このようなときこそ百薬の長のウィスキーで喉を殺菌しつつ焼き切ることが効果的であることを発見したかのように装うことに致しました。午後を迎えてまだ一時間も経過していないのにこのていたらくでは脱病人ながらすっかり廃人入門で御座います。
 私は砂型CBなんぞ大して興味なかったのでありましたが付近の商店に停車中の実車を見たとたんに痙攣致しました。痙攣作用は名車の条件であります。本日、走行するXLCRを瞬間目撃致しました。瞬間だろうが俊寛だろうが春姦な痙攣を致しましたのは申し上げるまでもありません。皆様も街中ではキャッチセールスと突然の痙攣には是非お気をつけ下さい。
posted by o-x at 13:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクー日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。