2005年02月15日

Harley-Davidson XR750 '72

xr750.jpg
 XRでダートを攻めるのはメディア支配や政界のフィクサー同様男性の最終目標であります。今生において無理なようなら来世にでも攻めるべく空想で鍛えておくのが最近の日課です。
 空想マシンチューンやメンテナンスにも余念がなくマート・ローウィルよろしくカムフォロワーの軽量化、ギアの軽量化、500km毎のオイル交換などほぼ完璧です。
 空想アクセル全開で空想Gに逆らいながら空想カーブを切り抜けるのは空想気持ちいいものであります。空想はエキサイティングなものでありますが現実は言わずもがなということは言わずもがなです。
 
posted by o-x at 01:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクーアメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。